対外発表

※教員(坂野)の研究活動詳細については、こちらを参照してください。リンク先には、一部論文のPDFも掲載しています。

レター論文(査読有り)

  1. Masaki Yoshii, Ryohei Banno, Osamu Mizuno, “Evaluation of Table-based Access Control in IoT Data Distribution Method using Fog Computing”, IEICE Communications Express. Accepted
  2. Ryohei Banno, Yusuke Kitagawa, Kazuyuki Shudo, “Exploiting semi-structured overlay networks in blockchain systems”, IEICE Communications Express, Vol. 10 (2021), No. 8, pp. 447-450, 2021.

国際会議論文(査読有り)

  1. Ryohei Banno, Toshinori Yoshizawa, “A scalable IoT data collection method by shared-subscription with distributed MQTT brokers”, EAI International Conference on Mobile Networks and Management (MONAMI), October 2021. Accepted
  2. Ryohei Banno, Koki Ohsawa, Yusuke Kitagawa, Takumu Takada, Toshinori Yoshizawa, “Measuring Performance of MQTT v5.0 Brokers with MQTTLoader”, IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), January 2021.
  3. Ryohei Banno, Yusuke Kitagawa, Kazuyuki Shudo, “A Study of Blockchain Systems Exploiting Semi-Structured Overlay Networks with FRT”, IEICE International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC), N2-1, December 2020.
  4. Masaki Yoshii, Ryohei Banno, Osamu Mizuno, “Performance Evaluation of Table-based Access Control List Applied to IoT Data Distribution Method using Fog Computing”, IEICE International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC), E1-1, December 2020. Student Presentation Award

国内学会発表(査読無し)

  1. 北川雄介, 首藤一幸, 水野修, 坂野遼平, “ブロックチェーンネットワークにおけるPlumtreeアルゴリズムの適用検証”, 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2021-7, June 2021. 学生研究奨励賞
  2. 大澤昂生, 日比智也, 坂野遼平, “P4によるMQTT-SNのアクセラレーション”, 第12回広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2021.
  3. 北川雄介, 首藤一幸, 水野修, 坂野遼平, “ブロックチェーンネットワークにおけるPlumtreeアルゴリズムを用いたブロードキャストの一検討”, 第12回広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2021.
  4. 三木友弥, 金子孟司, 坂野遼平, 首藤一幸, “Skip Graphにおける迂回経路を活用した範囲検索クエリルーティング手法”, 第12回広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2021.
  5. 芳澤俊成, 高田拓夢, 坂野遼平, “MQTTによるIoTデータ収集”, 第12回広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2021.
  6. 大澤昂生, 日比智也, 坂野遼平, “P4 を用いたMQTT-SNアクセラレーションの実装”, 電子情報通信学会総合大会, BS-9-1, March 2021.
  7. 北川雄介, 首藤一幸, 水野修, 坂野遼平, “ブロックチェーンネットワークに対するPlumtreeアルゴリズムの適用に関する一検討”, 電子情報通信学会総合大会, BS-9-9, March 2021.
  8. 高田拓夢, 坂野遼平, “エッジコンピューティングを用いたダイナミックマップにおける通信遅延と負荷のトレードオフ分析”, 電子情報通信学会総合大会, B-16-1, March 2021.
  9. 芳澤俊成, 坂野遼平, “MQTT v5.0 を用いたスケーラブルな情報収集基盤の検討”, 電子情報通信学会総合大会, B-16-2, March 2021.
  10. 大澤昂生, 日比智也, 坂野遼平, “P4を用いたMQTT-SNアクセラレーション”, 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2020-43, March 2021. 学生研究奨励賞
  11. 吉井優輝, 坂野遼平, 水野修, “Table-based Access Control Listを適用したIoTデータ流通方式における処理遅延時間の評価”, 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2020-42, March 2021. 学生研究奨励賞
  12. 三木友弥, 金子孟司, 坂野遼平, 首藤一幸, “Skip Graphにおける迂回経路を活用した範囲検索クエリルーティング手法”, 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2020-33, pp. 15-20, January 2021. 学生研究奨励賞
  13. 吉井優輝, 坂野遼平, 水野修, “Ticket-based Access Control Listを適用したIoTデータ流通方式の検討”, 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会, nws-23-02, October 2020. 若手研究奨励賞
  14. 吉井優輝, 坂野遼平, 水野修, “Fog Computingを用いたIoTデータ流通方式におけるアクセスコントロールリストの適用”, 電子情報通信学会ソサイエティ大会, BS-4-2, September 2020.

招待講演等

  1. [招待講演] Ryohei Banno, “Various Tradeoffs in IoT Systems and Edge Computing”, EAI International Conference on Mobile Networks and Management (MONAMI), November 2020.
  2. [依頼講演] 坂野遼平, “IoTを支えるMQTTプロトコルとその技術動向”, 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, NS2020-68, October 2020.